2007年06月30日

手 しびれについて

手 しびれについて

手 しびれについてです。

手のしびれは、侮ることは禁物。脳梗塞(こうそく)をはじめ、さまざまな疾患が原因のことがあるからだ。

● 症状もいろいろ

 東京慈恵会医科大学神経内科の井上聖啓教授によると、手のしびれといっても症状は実に多様だ。

「手にもう1枚皮をかぶったような感じや、ビリビリする、痛みを伴う、物を持つ感覚がない、自分の意思にかかわらず動くなど、いろいろな訴えがあります」と言う。

 しびれの範囲を正しくとらえる必要もある。

例えば、手のひらに限られる、手のひらと甲、甲だけ、手だけでなく前腕までしびれるといった具合。

神経が微妙に分布しているからだが、しびれが起きる大きな原因は、神経の通り道の障害と頚椎(けいつい)の異常の二つ。


 「手の末しょう神経は正中神経、尺骨神経、橈骨(とうこつ)神経の3つがありますが、どの神経に障害が起きているかは、しびれ方の範囲で分かります。

これらの神経の通り道に障害が起きるものに絞扼(こうやく=締め付ける)性神経障害がありますが、その代表例が手根管症候群です」


● 離れた個所に痛みも

 手根管症候群は、正中神経が手のひら側の手首の所で靱帯(じんたい)に締め付けられて起きるもので、女性に多い。

 症状は、手のひらの親指側を中心にしびれなどの感覚異常が表れ、夜間に痛みを伴ったりするのが特徴。

やがて、筋委縮や脱力を生じ、手が使いにくくなる。

 一方、「頚椎の異常は、症状がなくとも、40、50歳代では80%以上に見られます。

頚椎に原因がある場合にも、手がしびれることがあります。

中には、頚椎症性根症と言い、鋭い放散痛(患部から離れた個所に放散する激しい痛み)を伴います」と井上教授。

 また、手だけでなく口の周りもしびれる場合は、手掌口症候群と言い、脳梗塞などの脳血管障害が疑われる。

 同教授は「しびれが続く場合は、重篤な病気が隠れている恐れがあるので、最寄りの神経内科を受診すべきです」と話している。


しゅこんかんしょうこうぐん
手根管症候群


どんな病気か

 手首の手のひら側にある骨と靭帯(じんたい)に囲まれた手根管というトンネルのなかを、正中神経と9本の指を曲げる筋肉の腱が通っています。

このトンネルのなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気です。


有難う御座いました。
http://sjyuku.com/pass/gen.cgi?pg=11&id=1823
posted by 大好き健康A at 13:18| 手 しびれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。